無駄無駄無駄ァァァァ!!!!

 人間生きていれば”無駄な買物”ってのをする時もあるでしょう。 後になって「なんであんなもの買ったんだろう。」とか、 「こんなもん買わずに、その金をグラスとスペシャルの馬連に突っ込んで、さらに最終のクニノユメオーに転がしておけばぁぁぁぁぁ!!」なーんて思ったことが多々あるはずです。 ここはそんな無駄な買物を振り返るところです。もう2度と同じ過ちを繰り返さぬようにしましょう。 聖闘士に同じ技は二度と通用しないんじゃああああ!!

BACK


無駄No.7 PS2用DVDリモコン(非純正)
    
PS2用DVDリモコン(非純正)
 

購入日:2000年7月21日
無駄日:2000年7月21日
無駄度:★★★★★★★★☆☆
購入額:1000円ぐらいだっけ?

 PS2でDVDを快適に見るためのリモコン。 純正のリモコンが出る半年ぐらい前に出た怪しげな商品だが、海外DVDを見るためのスペシャルボタンが付いているなど非純正ならではの利点があるというスグレモノ。
 実際そんな使えなくはないんだろうけど、DVD見ないので(笑) 一度マトリクス見たときだけちょこっと使ったけど、そもそもDVDの機能をあまり理解していないので無駄に先に送っちゃって前に戻ったりを繰り返す有様。 しかも言葉英語で字幕日本語にしたかったのに結局できず終いというお粗末唐松チョロ松な結果に。 おまけに海外DVDボタンは一度も押したことがない。何のために買ったんだろう。 物にはそれぞれ正しい使い方がある。正しく使えない人間に問題があるのではないだろうか。


無駄No.6 AVマルチケーブル
    
AVマルチケーブル
 

購入日:2000年6月1日
無駄日:2000年6月1日
無駄度:★★★★★★★★★★
購入額:2279円(税別)

 PS2用に作られたケーブルで、VEGA等SONY製のTVについているAVマルチ端子と繋ぐことで、 ハイクオリティな画質でゲームを楽しめるというスグレモノ。 対応TVは少ないものの、SONY製のTVになら付いているのでむしろ凄そうな印象を受ける。
 しかし現実はひどいものだった。ハイクオリティどころか最低画質、どこをどう見たら高画質と言えるのか甚だ疑問。 しかもSCEIの公式サイトのPS2の周辺機器紹介では長いこと発売未定と書かれたまま発売し、 現在(2001/1/6)に至っては商品一覧から除去されてしまっている謎の商品。 最初から同梱されている普通のAVケーブルより画質が悪く、かつ対応TVも少ないのだから意味がない。 これこそ本当に無駄買いだったといえる。


無駄No.5 GB伊次郎
    
GB伊次郎
 

購入日:2000年5月9日
無駄日:2000年5月10日
無駄度:★★★★★★★★★★
購入額:9800円だったと思う

 PCでGBのソフトウェア開発が簡単にできてしまうというスグレモノ。 怪しげなロムカードみたいなものに書き込む機器もついており、 自分で作ったプログラムをGB上でお手軽に遊べてしまうのだから凄そうだ。
 しかし実際には何てことはない、Cで書いたソースをGBプログラム用にコンパイルするソフトがあるだけというようなもの。 別にロムに書き込んで実際のGBで動かさなくてもGBのエミュで動かせるし、 そもそもロムを読み書きしたりする機器はすでに持っているので全く必要なかったのだ。 んでコンパイラの方もひどいもの。なにせ乗除の計算が元からできないのだ。 そこらへんからすでにライブラリを自分で作る必要が出てくる。 なんか機械語とかをやっているような気分になってくる。 Cで書くよりアセンブラで書いた方が速いのでそっちをオススメするみたいに書いてあるしね。 結局試してみたのはprintfでHello worldを出力するぐらい。 それ以上のことはやってみようとも思わなかったし、やっても無駄のような気がしたのでね。 これによってCをやる意欲も沸かなかったし、かなり無駄でしたな。


無駄No.4 ジャンボトロ
    
ジャンボトロ
 

購入日:2000年2月16日
無駄日:2000年2月16日
無駄度:★★★★★★★★★★
購入額:15000円

 始めに言いますが、俺は無駄だと思っていません(笑)。 他の人からするとかなり無駄らしいので一応ここに入れといただけで、俺は無駄だと思ってないので。
 あの「どこでもいっしょ」の人気キャラクター「井上トロ」のジャンボでビッグなぬいぐるみ。 1999年のゲーム大賞のキャラクター賞受賞、2000年のPSアワーズのキャラクター賞受賞、 さらにはカルピスウォーターのCMにも出演と、大人気のトロの等身大のぬいぐるみというスグレモノ。 しかも300個限定でシリアルナンバー付き、正にトロ好きには必須アイテムのように感じられます。
 ところがどっこい、・・・というようなことはなく、素材も良くかなり素晴らしい商品です。 ただ顔の作りが似てないといった感じがあり、ちょっと頭と身体のバランスが悪く、 置き場所に困るといったことが相次いでいるようです。 そして何より無駄と言わしめてしまうのは、あまりに高額なことです。 シリアルナンバー入りとはいえ、ぬいぐるみに15000円というのは馬鹿げている。 というのが一般的な解釈のようです。 まぁ本人は満足している(?)のでいいでしょう(笑)


無駄No.3 あぷこん
    
あぷこん
 

購入日:2000年2月1日
無駄日:2000年3月7日
無駄度:★★★★★★☆☆☆☆
購入額:6000円ぐらいだったような

 PSやN64とかのゲーム画面をPCのディスプレイに表示するというもの。 コンポジット端子とS端子とVGAに対応しており、それらの入力をPCモニタに出力。 滲みもあまりなく、出力のはっきりしたPCのモニタを利用できるというスグレモノ。 PCを頻繁に使うゲーマーにとっては必須のアイテムに感じられます。
 ところがどっこい、実際のところ結構滲みはあり、JPEG圧縮したような画面になってしまいます。 しかもこれは映像の端子しかないわけで、当然別途スピーカーも必要になるんです。 おまけに外部からの電源も必要で、使い勝手はなかなか悪いと言えます。 しかしまぁ普通にはそこそこ使える一品です。 俺にとってなぜそんな無駄かと言うと、VEGAを買ってしまったからです。 PCのモニタが勝るところが何一つないVEGAを持っていたら、わざわざそんなことをする必要はないわけです。 これは商品よりも使い手にかなり問題があります。もうちょっと先を見越した買物をするようにしましょう(笑)


無駄No.2 光学式センサーマウス
    
光学式センサーマウス
 

購入日:2000年2月1日
無駄日:購入日から1ヶ月後ぐらい
無駄度:★★★★★★★★☆☆
購入額:7000円

 マイクロソフト社から出ている光学式センサーのマウス。 普通のボール式のマウスではなく、光の反射を利用してマウスの移動を感知して反応するというスグレモノ。 従来のようにボールを洗ったりローラーのゴミ詰まりを掃除したりということもなくなり、 スムーズさアップで正に必須アイテムのように感じられます。
 ところがどっこい、実際使ってみるとブレまくりの飛びまくり。 普通に上に移動させてるだけなのに突然カーソルが最下端に飛んだりして使い物になりません。 細かい動きをしようとしてもカーソルが震えてしまい、ドット単位の作業はまずできません。 掃除をする必要があってもボール式のマウスの方がはるかにマシです。 なかなか高額な無駄っぷりでした。1ヶ月ぐらいは無理矢理自分を納得させて使っていたものの、 10%ぐらいしか回収した気がしません。次はリングマウスに挑戦だ(笑)


無駄No.1 GBC用ワームライト
    
GBC用ワームライト
 

購入日:2000年3月29日
無駄日:購入日(使用してから5分後ぐらい)
無駄度:★★★★★★★★★★
購入額:800円

 値段は安いものの、しょっぱなから大型の無駄品です。 GBC用(ブロスとポケットも対応していたような気もする)のライトで、 通信ケーブルを差すところに差すだけで内部から電源をとり光るというスグレモノ。 暗いところでのGBCには必須に感じるアイテムです。
 ところがどっこい、なんとこのアイテム差し込む部分が差し込み口より若干大きいのです。 そのため一度差してしまったが最後、その後そのGBCは差し込み口が緩くなってしまうです。 ちょっと緩くなるなんてもんじゃなく、通信ケーブルを差しても押さえてないとすぐにはずれてしまうほど緩くなります。 ポケモンを交換しようとしたらはずれて「ゲェーーーーーー!」となること請け合いです。 爪でうりゃうりゃ!とやって戻そうとしても簡単には戻りません。 はい、使えないばかりかマイナスな一品です。 別に通信ケーブル使わないような人ならいいかもしれませんが、オススメしません。 ケーブルがポロポロはずれて自分で押さえながら通信する様はなんとも悲しいもんです。 なーんでサイズ間違っちゃったんでしょうねぇ。